Compose MultiplatformでiOSシミュレーターの候補が表示されない不具合の直し方

ComposeMultiplatform関係の記事のサムネイル

環境

  • Mac Book Pro
    • OS : Sonoma 14.0(23A344)
    • CPU : M2 Max
    • RAM : 32 gb
  • Android Studio
    • Jellyfish | 2023.3.1 Patch 1

前提

kdoctorを実行して、問題無し

以下のチュートリアルを実践してAndroidアプリはAndroid Studioから問題なく起動できる状態です。

発生した現象

私の環境では、以下のサイトで生成したプロジェクトを初めて開いたときに、iOSAppという構成が生成されない

  • Share UI (with Compose Multiplatform UI framework)を選択しています

手動で生成しても、以下の画像のようにエミュレータの選択欄が空になってしまう

解決方法

Vision Proのエミュレータ(visionOS)を削除したらエミュレータが表示される様になりました。

以下の手順でvisonOSをアンインストールできます。

手順

XCodeからXCode -> Setting-> Platformsを選択して、visionOSが入っているかを確認してください。

もし、visionOSが入っている場合は、visionOSを選択して左下の-を押してアンインストールしてください。

上の画像のようにvisionOS バージョンの部分がGetの表示になればOKです。

Android Studioを再起動して、iOSエミュレータが出なかった構成を開いて確認して見てください。
以下のようにエミュレータが選択できるようになっていると思います。

この修正を行ったことで、新規でComposeMultiplatformプロジェクトを開いたところ、以前は自動で生成されなかったiOS向けの構成が自動で生成されるようになりました。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です